茶舗 牧ノ原日記

こんにちは。
最近、ぐいぐい気温が上がってきましたね~♪
夏が近づくと理由もなくわくわくしてしまう
牧ノ原ブログ担当のせーじです。

なんか好きなんですよね~「夏」
「秋」生まれなんですが…(笑)

さて!
そんな「夏」が近づいてくると、やはり飲みたくなるのは「冷茶」ですよね♪
今回のブログでは、「冷茶」の淹れ方・作り方を書いてみたいと思います!
(^^)v
牧ノ原の深蒸し茶の中でも「冷茶」におすすめしている「藤壷」を例にして説明していきますね。
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/gr1/fujitubo

まずは、「急須」をお持ちの方へ!

最初に、「お湯で淹れたお茶を、氷を入れたグラスに注ぐ」のはNGです。
その理由としては、シンプルに「味が薄くなる」ことと「甘みが弱い」からです。
冷たいものは味が薄く感じるものです。

なので、「冷やした水で、濃いめに少ない量で何杯も淹れる」のが美味しい「冷茶」を楽しむポイントです!
もちろん「氷」もいりません。
ヽ(^。^)ノ

急須には、普段お湯で淹れる時の1.5倍くらいの感覚で「茶葉」を多めに入れます。
たっぷり茶葉を入れることで、「藤壷」なら5煎、6煎までしっかり味がでます♪

そして、冷やしたお水を急須に入れて、蓋をしたら軽~く、ぐるぐると急須を回し、急須の中を「流れるプール」にしましょう。
5~6回転くらいしたら、少し器(グラス)に注いでみます。
色が薄い(透明感がある)ようなら追加で回転!
しっかり「にごり」があるようなら、そのまま注ぎ切ります。
例えば、一回に「藤壷」を10g仕様して、150mlのグラスに「冷茶」を淹れて、5煎(5杯)飲んだ場合。
150ml × 5 = 750mlですね。
「藤壷」が10gで税込113.4円ですから、500ml当たりなら税込で75.6円!
自販機より間違いなくお得です♪
しかもバツグンに美味しい♪
(^^)v

続いては、最近ご家庭の普及率がぐいぐい伸びている「フィルターインボトル」を使った「冷茶」の作り方です!
これは文章で書くより見ていただいた方が早いのでこちらをどうぞっ!
ヽ(^。^)ノ

いかがでしたか?
動画では「氷」を入れたグラスに注いでますが、個人的にはいらないかな~。(´ー`)

美味しくて、コスパもいい「冷茶」!
この夏、楽しんでみませんか?

「フィルターインボトル」も販売してますよう!(^^)v
http://www.ryokucha-shop.jp/fs/makinohara/c/gr4

ではまた♪
ヽ(^。^)ノ

【接待の手土産セレクション特選受賞】お茶専門店のお茶葛餅(くずもち)

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選
「お茶専門店のお茶葛餅」
8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選
「お茶専門店のお茶葛餅」
12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツはこちら

接待の手土産セレクション特選
お茶専門店のお茶スイーツはこちら

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツはこちら

接待の手土産セレクション特選
お茶専門店のお茶スイーツはこちら

極上茶「浮舟」

極限まで高められた火入れの技術により生まれた
極上茶「浮舟」

お茶専門店の王道茶「藤壺」

当店スタッフの支持率ナンバー1
お茶専門店の王道茶「藤壺」

奏香箱(かなでこうばこ)

玉手箱のような特別なギフト
奏香箱(かなでこうばこ)

美都の香(風呂敷包み)

華やかな梅七宝柄のお茶缶入り
高級深蒸し茶「美都の香」

式部・源氏セット(雅パッケージ)

最高級緑茶セット
式部・源氏セット(雅パッケージ)

茶専門店のお試しお茶セット

5種類から選べる一生付き合えるお茶との出逢い
お茶専門店のお試しお茶セット