茶舗 牧ノ原日記

こんにちは!
最近、ちょっとだけダイエットしているんですが、大体1kg~2kgの範囲で減ったり増えたりな
牧ノ原ブログ担当のせーじです!

いやぁ。。
なかなか上手く減らないもんですねぇ。。
がんばろ。。(^_^;)

さて。
前回のブログでは『そもそも「新茶」って?』について書きました。
「新茶」と呼ばれる所以や、いつ摘まれるのか?などについて触れました。

前回の記事はコチラ↓↓↓
http://www.orei-ocha.com/shincha1

今回は、そんな「新茶」の販売についてのアレコレを書いてみたいと思います!
ヽ(^。^)ノ
「新茶の販売」については、ざっくり分けると2パターンかと思います。

【1】通年販売している様々な銘柄のお茶が、その年のお茶に切り替わり、それを「新茶」と呼び販売するパターン
多くの小売店舗さんやスーパーなどで販売されているお茶は、このパターンかと思います。
牧ノ原でも「年間もの」と呼ばれる各銘柄のお茶(藤壷浮舟など)が新茶に切り替わった際には、店内の茶箱やパッケージにも「新茶」のラベルを貼ります。
つまり、「藤壷(新茶)」などと表示することで、今年のお茶に切り替わりましたよ~!とアピールします。
ですが、あまり大々的に「新茶」としては販売しません。
あくまでも「今年のお茶に切り替わりました」という「お知らせ」程度です。
なぜなら、「年間もの」のお茶には、それぞれ銘柄ごとに「味の特徴」があり、古茶(前年のお茶のこと)であろうが、新茶であろうが、基本的に「いつも同じ味わい」を楽しめるよう仕上げているからです。
年が変わる度、お茶が切り替わる度に、味が変わってしまってはダメなんですね~。
(^-^)b
続いて、、
【2】年間通して販売しているお茶とは別に「新茶」を販売するパターン
牧ノ原はこちらがメインの「新茶」販売です。
毎年、事前に入荷(発売)予定日や価格などをお知らせした上で「先行予約販売」を行い、そのご予約いただいた分+期間&数量限定販売分の量の「新茶」を、「年間もの」より先に仕上げ、販売しています。
この「新茶」は「年間もの」の各銘柄のお茶とはまったく別で、味もできるだけ作りこまず、「その年その年の味」を楽しんでいただくことをコンセプトとして仕上げます。
ですので、昨年の「新茶」と今年の「新茶」とでは当然味わいも違うんです。
「旬」を楽しむならそのほうが「粋」ってもんです♪
ヽ(^。^)ノ

そんなわけで、牧ノ原の「新茶」は毎年5種類をご用意!
摘んだ順に、それぞれの価格の「新茶」を販売いたします!

現在、オンラインショップでも販売するべく準備を進めております。
また、「先行予約販売」でのご注文に限り、スペシャルな「特典」もご用意いたします!
乞うご期待!!(^^)v

詳細は「牧ノ原オンラインショップ」ページ上でお知らせしたいと思いますので、こまめにチェックしてくださいね!(笑)
http://www.ryokucha-shop.jp/

ではまた~♪
ヽ(^。^)ノ

【接待の手土産セレクション特選受賞】お茶専門店のお茶葛餅(くずもち)

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選
「お茶専門店のお茶葛餅」
8個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選
「お茶専門店のお茶葛餅」
12個入り

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツはこちら

接待の手土産セレクション特選
お茶専門店のお茶スイーツはこちら

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」

接待の手土産セレクション特選「お茶専門店のお茶葛餅」
16個入り

お茶専門店のお茶スイーツはこちら

接待の手土産セレクション特選
お茶専門店のお茶スイーツはこちら

極上茶「浮舟」

極限まで高められた火入れの技術により生まれた
極上茶「浮舟」

お茶専門店の王道茶「藤壺」

当店スタッフの支持率ナンバー1
お茶専門店の王道茶「藤壺」

奏香箱(かなでこうばこ)

玉手箱のような特別なギフト
奏香箱(かなでこうばこ)

美都の香(風呂敷包み)

華やかな梅七宝柄のお茶缶入り
高級深蒸し茶「美都の香」

式部・源氏セット(雅パッケージ)

最高級緑茶セット
式部・源氏セット(雅パッケージ)

茶専門店のお試しお茶セット

5種類から選べる一生付き合えるお茶との出逢い
お茶専門店のお試しお茶セット